【メイクで】ほうれい線を隠しちゃえ!忍者メイク教えます【美しく】

ほうれい線にファンデーションがたまってた!!

年齢肌を隠すつもりが、うっすらと溝にはまったファンデーション。

はっきりいって恐怖でしかありません。
過去にこんな状態で仕事をしていたことがありまして、最近はメイクも勉強するようになりました(;´・ω・)

今回は私の失敗談から学んだ、ほうれい線が目立たないメイク方法についてお話ししたいと思います。もちろんメイクだけに頼らず、毎日の肌ケアはしっかりと行ってくださいね!

⇒【写真付】ほうれい線対策におススメ美容液、モイストリフトプリュスセラムの体験談はこちら

保湿を侮ることなかれ!朝こそしっかりと保湿せよ

朝って本当に忙しいですよね。でも、保湿はしっかりと行ったほうがいいですよ!!
肌の水分が不足すると毛穴落ちはもちろん、化粧崩れが起こりやすくなります。

サボリーノ 目ざまシート 1300円(+税)

時間がなくても60秒で保湿できるサボリーノのような朝マスクもありますし、メイクの前は保湿はしっかりとしておきたいところです。

とはいえ、クリームを塗りすぎると油分が過剰になってしまう恐れもあります。化粧水で肌を潤したあとは、美容液・乳液で整えるくらいがおすすめです。その時のお肌の状態を見ながら保湿をたしてみてくださいね。

ほうれい線を隠すには下地とファンデを見直そう!プチプラでも代用可能

下地とファンデーションはどんなものを使っていますか?
特に下地は、場所によっては使い分けることが大事です。

下地について

左から:エテュセ オイルブロックベース 1200円+税
マキアージュ フラットチェンジベース 2500円+税(この製品は顔全体に下地を塗る前に使います)

肌を保湿した後は、顔全体に下地をしっかりと塗りましょう。
とはいえ、ほうれい線まわりだけは部分用下地を使うことをおすすめします。特にカバー力が高いタイプは、化粧崩れを防ぐことができるためおすすめです。もちろん、量は多すぎず、適量を使ってくださいね!

ファンデーションについて

ほうれい線が気になる場合はリキッドファンデーションがおすすめです。
リキッドタイプは肌への密着度が高いため、パウダーと比べると崩れ方がナチュラル。
ツヤも出るため潤いのある肌に見えますし、ほうれい線にたまりにくいためおすすめです(*´▽`*)

シミだけじゃない!コンシーラーも頼れるアイテム

ほうれい線

コンシーラーはほうれい線も隠してくれます、
ポイントは、クリームタイプやスティックではなく、リキッドタイプを使うこと。量も調整しやすいため扱いやすく、肌なじみも良いためおすすめです。
色は少し明るめのものを選ぶと良いでしょう。ハイライト効果でほうれい線が目立ちにくくなります。

ただし、塗りすぎ、ほうれい線に沿って使うのは禁物。わかりやすい動画があったのでシェアしておきますね。

猫のひげのようにコンシーラーを使い、下から上に持ち上げるように伸ばしていくのがポイント。通常ベースメイクはこれで完了ですが、リキッドのべたつきが気になる人はかる~くフェイスパウダーを仕上げに使うとよいでしょう。

左から:キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー 940円+税
M・A・C ミネラライズ スキンフィニッシュ 4200円+税

まとめ

ヨレ知らずのほうれい線を隠すメイクのコツは、以下になります

  • メイクの前にたっぷりと保湿をする
  • ほうれい線まわりは下地を使い分ける
  • リキッドファンデーションでヨレ防止
  • コンシーラーで影を隠す

鏡を見てため息をついていませんか?
せっかく女性に生まれたのですから、メイクで生まれ変わってみませんか?最初はヤケクソで挑戦した私ですが、コツがわかってくるとゲームみたいで楽しいですよ。

どうせ年を重ねてしまうなら、何事も楽しんだもの勝ちです。あきらめないで今日からでもかわってみませんか?

⇒美容液でほうれい線がリフトアップ!モイストリフトプリュスセラムの体験談はコチラ